facebook line@
過去のトラウマ経験は繰り返される。家族関係が潜在意識に与える影響

過去のトラウマ経験は繰り返される。家族関係が潜在意識に与える影響

潜在意識 両親との関係と思い込み 心理学の話

投稿日:2017年8月17日 更新日:

 

こんにちは。

松岡あやのです。

 

 

前回は潜在意識について

書いていきましたが

潜在意識について

今回はもう少しだけ詳しく書いていきます。

 

 

潜在意識は『過去のデータ』を繰り返す

 

潜在意識は

過去の経験のデータ通りに

感情を呼び起こし

記憶を「再生」しています。

 

 

これはどういう事か、というと

 

出来事、現実のなかで

同じ反応を繰り返す。

 

という事です。

 

 

同じ現実、出来事の中でも

AさんとBさんでは

“反応”が違います。

 

 

例えば、

『彼氏から連絡が来ない。』

 

 

たった一つの出来事ですが、

Aさんの場合

「忙しいのかな。」

と案外スルー気味で気にしない。

 

 

ですが

Bさんの場合

「返事がないって事は嫌われたのかな・・」

と不安になって仕方がない。

 

 

Aさんは

この出来事に関して

普通であり、平気な状態ですが

 

B さんからすると

不安や恐怖でどうしようもない状態。

 

 

このように

潜在意識は過去の統計通りの

感情を発火させ記憶を再生しています。

 

 

たった一つの出来事でも

捉え方、考え方、感情が変わるのは

潜在意識の働きのため。

 

 

“反応”の違いは

このように起きるのです。

 

 

《潜在意識下の思い込み》は家族との関係から出来た。

 

潜在意識は生まれてから

12歳〜15歳までに

形成されると言われています。

 

 

12〜15歳までの私たちの

自我を形創るのは

家族関係そして幼少期の環境です。

 

 

 

親の価値観、人生への姿勢

口癖、考え方、信念を

潜在意識にインストールし

「私」という自我を完成させました。

 

 

両親との関係のなかで得た経験を

大人になった今でも

潜在意識の中で繰り返し行っているのです。

 

 

例えば両親が貧乏だったら、

「私も貧乏でいることが当たり前」

と無意識に浪費し貯蓄をしない人間にもなりうる。

 

 

母が父との結婚に対し

「お父さんと結婚した事が間違いだった」

なんて言葉を散々聞かされていたとしたら

子どもの私は

『結婚は不幸だ。しない方が幸せだ。』

と無意識に結婚を避けるようになります。

 

 

先ほどのBさんの場合で言うと

小さい頃両親が自分から

一時的に離れてしまった。

 

自分が何か行った事によって

両親と離れ離れになってしまった。

と思い込む出来事があったのかもしれませんね。

 

 

それが

「私が行った事で嫌われてしまった」

と紐付け裏付けで思考してしまう原因に。

 

 

一概には言えないので

ケースバイケースで

カウンセリグを行い見ていく必要がありますが。

 

 

 

私は自身の講座の中で

「思い込みは両親との関係で生まれた」

と話していますが、

幼少期の両親との関係が私たちに

与える影響は計り知れないものです。

 

 

親もまたそのまた親から学んだ事しか教えられない。

 

ですが、親を責める事は出来ません。

親もまたそのまた親から

学んだことしか出来ないからです。

 

私たちは両親家族の

被害者ではありません。

 

 

潜在意識は幼少期に作られた

「思い込み」であり、

大人になった今は

それを変える選択が出来るからです。

 

 

最後に・・

潜在意識について

詳しく書いてみましたが

どうでしたか??

 

 

思い込みは大多数が

家族との関係から出来たものです。

 

 

そしてその思い込みとは、

小さい時に決めた

「マイルール」のようなもの。

 

 

あなたが決めたものだから

あなた自身で変更可能です。

 

 

今日からあなたは

潜在意識に対して

どんなアプローチをしていきますか?

 

どんな選択を変えていきますか??

 

 

 

ではまたお会いしましょう。

 



-潜在意識, 両親との関係と思い込み, 心理学の話

著者プロフィール

  • 松岡あやの
    松岡あやの

    facebookfacebook

    line@Line@

  • 心理セラピスト・カウンセラー松岡あやの。
    幼少期から抱える家族関係での葛藤から、引き寄せの法則を通して心理学、コーチング、カウンセリングを学ぶ。
    クライアントの潜在的な悩みを引き出すカウンセリングで幼少期のトラウマを解消するセラピーに取り組む傍ら、コーチングやカウンセリングのスキルを教える講師業を行う。
    今の一番の夢は大学に行き、より深く心理学を学ぶこと。
    座右の銘は「努力は実る」「不可能は存在しない」
    福岡県出身、東京都在住。

関連記事

私が心理カウンセラーになろうと思ったきっかけ①幼少期編

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は私が なぜ心理カウンセラーに なろうと思ったのか? その事について 書いていこうと思いま …

自己否定は顔に現れる!内面からにじみ出るオーラの磨き方。

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は 「内面が外見に与える影響」 というテーマで書いていきたいと思います^^   …

「自信がない」「自分に自信を持ちたい」そんなあなたへ。

こんにちは、 心理カウンセラー・セラピストの 松岡あやのです。     今日は 「自信がない」「自分に自信を持ちたい」 とよくあるご相談(?)について お話したいと思います。 &n …

自分を好きになろうと頑張っているけどうまくいかない、あなたへ

  こんにちは、 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は 自分を好きになろうと 頑張ってはいるけどうまくいかない。   これからもこの …

ネガティブな口癖は現実になる!無意識に使っている口癖に気付いていますか?

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日はお友達と 口癖について話してました。     友達は口癖のように 「 …
0

カート