facebook line@
自分を大切に出来ないあなたへ!自己肯定感を高める3つのステップ

自分を大切に出来ないあなたへ!自己肯定感を高める3つのステップ

両親との関係と思い込み ありのままではいけない 私には価値がない

投稿日:2017年8月26日 更新日:

 

こんにちは。

 

心理セラピスト・カウンセラーの

松岡あやのです。

 

 

今日はちょっと

楽しそうな写真にしてみました。笑

 

 

今日は

『自己肯定感』について

お話したいと思います。

 

 

 

まず

「自己肯定感」とは・・?

 

そもそも

自己肯定感とはなんだ?

ってところですが。

 

 

「自己肯定感」とは

自分を大切に思う

自分を価値ある存在だと思う

という自分を肯定する想い

だと思ってください。

 

 

(ザックリ。笑)

 

 

ですが

「自分が嫌い」「自分を愛せない」

そう感じているネガティブな方は

自己肯定感がかなり低めです。

 

 

「自分が嫌い」「自分を愛せない」と

思うがごとく、

・『私には価値がない』

・『私は愛される存在ではない』

・『私の事、大切に思えない』

・『私は大切にされる存在ではない』

と思っているのです。

 

 

なぜ「自己肯定感」が低くなったのか?

 

人によっては

自己肯定感がかなり低い人

自己肯定感がかなり高い人

分かれます。

 

その違いってなんだと思いますか?

 

 

ここも私のセッションでは

“幼少期の家族との関係”からみていきます。

 

 

小さい時の両親との関係の中で

《どんなきっかけで

“私には価値がない”

そう思い込んでしまったのか?》

 

 

ケースバイケースなので

一概にこれ!とは言えません。

 

カウンセリングの中で

その人の体験を元に

じっくり聞いていきます。

 

 

一例をあげましょう。

 

例えば、

 

頑張っても頑張っても

褒められた経験がない子供は

「頑張っても認められない」

「認めてもらえない私には価値がない」

と思い込みを作るでしょう。

 

 

もしくは

頑張った時だけ褒めてもらえた

何かした時だけ認めてもらえた子供は

「何か(条件がついた時)は認めてもらえる」

「なにかある自分には価値があるけど何もない自分には価値がない」

そう解釈してしまうのです。

 

 

だけど

思い込みは自分で作ったもの。

 

 

小さい頃からの考えは

慣れ親しんで変えづらいですが

少しずつ変えていく事は可能です。

 

 

では実際に

どう変えていくかをみていきましょう。

 

 

「自己肯定感」を高める方法。その1

 

自己肯定感を高めていくには

あなた自身が

「何もない(条件がない)自分に◯を付けること」です。

 

 

生まれたての赤ちゃんは

無条件に価値があります。

 

 

そして大人になった今でも

あなたは無条件に価値があります。

 

 

働かなくても

成績を出さなくても

お金を稼がなくても

勉強できなくても

特技がなくても

だらだらしてても

寝てばかりいたとしても。

 

 

あなたの存在そのものが

ありのままで価値がある

 

そう認める。受け入れることが

スタートになります。

 

 

「自己肯定感」を高める方法。その2

 

価値を受け入れる。認める。

を行ったら

その時に湧き上がる感情を

ひたすらキャッチしてあげます。

 

 

どんどんネガティブなワードや

思考が脳内を駆け巡ると思います。

 

 

しかしどんな言葉も思考も

感情も観てあげること。

 

 

ここでポイントがあるなら

逃げないこと、です。

 

 

ただただその感情に寄り添い

味わい尽くします。

 

 

ネガティブな感情は

「見たくない」「いらない」

「なくなればいい」と

思われがちですが

そうではありません。

 

どれもあなたにとって

大切な感情です。

 

しっかり向き合うことが

一番の解決方法です。

 

 

「自己肯定感」を高める方法。その3

しっかりと

ネガティブな感情に向き合ったら最後

 

 

あなたがあなたの

一番の親友となり

あなた自身を褒めたり励ましたり

愛のある言葉を掛け続けることです。

 

 

あなたが言われたかった言葉

言われたら嬉しい言葉

本当は欲しかった言葉

 

なんでも構いません。

 

 

あなたがあなたの

一番のよき理解者になって

伝え続けることです。

 

 

思考はただの癖。

癖は変えることが出来ます。

 

 

ただし時間はかかるので

地道な作業になりますが

あなた自身に向き合って

何度も行ってみてくださいね。

 

 

最後に・・・・

それでもやっぱり

「出来ない」「難しい」

と思う方は一度セッションを

受けてみてくださいね。

 

 

一人では逃げてしまうところも

カウンセラーと一緒に

向き合うことで解決の速度が

早くなっていきますよ。

 

 

では、今日はこのへんで!!

 

また次回お会いしましょう。

 

 

 

 



-両親との関係と思い込み, ありのままではいけない, 私には価値がない

著者プロフィール

  • 松岡あやの
    松岡あやの

    facebookfacebook

    line@Line@

  • 心理セラピスト・カウンセラー松岡あやの。
    幼少期から抱える家族関係での葛藤から、引き寄せの法則を通して心理学、コーチング、カウンセリングを学ぶ。
    クライアントの潜在的な悩みを引き出すカウンセリングで幼少期のトラウマを解消するセラピーに取り組む傍ら、コーチングやカウンセリングのスキルを教える講師業を行う。
    今の一番の夢は大学に行き、より深く心理学を学ぶこと。
    座右の銘は「努力は実る」「不可能は存在しない」
    福岡県出身、東京都在住。

関連記事

自分を好きになろうと頑張っているけどうまくいかない、あなたへ

  こんにちは、 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は 自分を好きになろうと 頑張ってはいるけどうまくいかない。   これからもこの …

「自信がない」「自分に自信を持ちたい」そんなあなたへ。

こんにちは、 心理カウンセラー・セラピストの 松岡あやのです。     今日は 「自信がない」「自分に自信を持ちたい」 とよくあるご相談(?)について お話したいと思います。 &n …

私が「この世に愛されていない人はいない」と思う理由

      こんばんは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     最近よく 「私は愛されていない」 「私がいなくなっても世界は変わら …

恋愛こじらせ女子は家族と不仲?両親との仲が男女関係に与える影響

  こんにちは、 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は両親との関係が与える 恋愛のお話について書きたいと思います。   家族関係が不 …

私が心理カウンセラーになろうと思ったきっかけ①幼少期編

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は私が なぜ心理カウンセラーに なろうと思ったのか? その事について 書いていこうと思いま …
0

カート