facebook line@
恋愛こじらせ女子は家族と不仲?両親との仲が男女関係に与える影響

恋愛こじらせ女子は家族と不仲?両親との仲が男女関係に与える影響

潜在意識 両親との関係と思い込み 幸せになってはいけない 私には価値がない 心理学の話

投稿日:2017年8月28日 更新日:

 

こんにちは、

心理セラピスト・カウンセラーの

松岡あやのです。

 

 

今日は両親との関係が与える

恋愛のお話について書きたいと思います。

 

家族関係が不仲だと恋愛がうまくいかない?

両親との関係が良好だと

恋愛はうまくいく傾向があります。

 

これは一概に

100%そうである、

とは言えないので

ケースバイケースで

見ていく必要はあります。

 

 

ですが、

恋愛がうまくいかない人の大多数が

両親との関係もうまくいっていません。

 

 

その理由を見ていきましょう。

 

両親との関係が恋愛に与える影響その1

 

私たちが生まれて一番に

出会うのは母親です。

 

母親との関係のなかで

母性、優しさ、女性性を学びます。

 

そして次に出会う

父親との関係で

父性、強さ、男性性を学びます。

 

 

両親ともに初めて出会う

同性・異性でもあります。

 

この二つは両方の愛情が

揃ってバランスよく作用します。

 

 

 

ですがどちらか一方だけ

愛情を受け損なった人は

相手との関わり方や

愛情の受け取り方がわからず

《恋愛をこじらせてしまう》傾向があるのです。

 

両親に対する態度をパートナーに投影する場合。

心理学でいう投影とは

心の状態、態度、向き合い方を

現実世界で相手に映し出す、という意味ですが

 

両親に対する心の態度は

パートナーに最も強く投影します。

 

 

例えば、

小さい頃両親から

十分な愛情をもらえずに

「愛されたい」気持ちが強い場合。

 

 

根底にある

“私は両親に愛されるに値しない人間だった”

→だから今も愛されるべき存在ではないはずだ

と言った内面の葛藤を起こしています。

 

 

本当は愛されたいのに

愛された経験がない故

求める感情と反発する感情が

同時に起きている状態。

 

 

ですが、

慣れ親しんだ感情や

根底にある意識に私たちは

無意識に支配されています。

 

 

詳しくは潜在意識のページで。

 

 

なので彼が出来ても

信じられない、怖い、

愛されないんじゃないか・・

 

という不安に打ち勝つ事が出来ず

自ら関係を壊してしまったり

無意識に「愛してくれない人」を

選んでしまうのです。

 

 

では、こんな時

一体どうしたらいいのか?

という事ですが

 

解決方法その1、両親との関係を見直す

 

解決方法はたくさんありますが

まず一つは両親との関係を見直すことです。

 

幼少期のトラウマ的体験は

私たちの心の在り方を決めます。

 

 

あなたが小さい時の

両親との関係でどんな体験があって

その時にどんな風に感じて

どんな思い込みを作っていったのか?

 

 

ここにしっかりと

向き合っていく必要があります。

 

 

過去のトラウマを扱う事は

皆さん苦手としますが

ここの体験をあなた自身で

清算しない限り<無意識に>

同じことを繰り返し続けてしまいます。

 

 

誰だってトラウマは思い出したくないです。

そして昨日の記事にも書いたように

ネガティブな感情は見たくないもの。

 

 

だけどネガティブな感情を

押しつぶした結果・・

 

あなた自身の苦しみは永遠に続きます。

 

解決するものも解決しません。

本当に解決したいのであれば

一度プロのカウンセラーさんに

見てもらうこともオススメします。

 

解決方法その2、両親に対する心の態度を見直す

 

今回はもう一つ

解決方法を提案したいと思います。

 

それは

両親に対する心の態度を見直すことです。

 

もしあなたが小さい頃

十分な愛情を受け取ることが

できなかったとしても

両親を恨む事は解決にはなりません。

 

 

両親を恨む、バカにする、

可哀想だと思う、

父と母の関係を裁く事もです。

 

 

どんな出来事があっても

両親はあなたにとって偉大な存在。

 

素晴らしい存在である

という尊敬の念、

感謝の念を忘れてはいけません。

 

 

そしてあなた自身、

今の両親を選ぶ事で

体験したかった“なにか”があります。

 

どんな体験も

あなたに与えられた

リソースなんですから。

 

 

父と母の関係を尊重し

感謝の気持ちを忘れずに。。

 

 

最後に・・

過去は変えられないけど

過去あなたがして欲しかった事は

今のあなた自身が出来ること。

 

あなたがあなた自身を

愛する番ですよ。

 

 

あなたがあなたの

理想の母親になって

あなたをたくさんの愛情で

包み込んであげてくださいね。

 

それが出来た時に

あなたにとっての

ベストパートナーに出会えるはずだから。

 

 

では、また更新しますね。

 



-潜在意識, 両親との関係と思い込み, 幸せになってはいけない, 私には価値がない, 心理学の話

著者プロフィール

  • 松岡あやの
    松岡あやの

    facebookfacebook

    line@Line@

  • 心理セラピスト・カウンセラー松岡あやの。
    幼少期から抱える家族関係での葛藤から、引き寄せの法則を通して心理学、コーチング、カウンセリングを学ぶ。
    クライアントの潜在的な悩みを引き出すカウンセリングで幼少期のトラウマを解消するセラピーに取り組む傍ら、コーチングやカウンセリングのスキルを教える講師業を行う。
    今の一番の夢は大学に行き、より深く心理学を学ぶこと。
    座右の銘は「努力は実る」「不可能は存在しない」
    福岡県出身、東京都在住。

関連記事

自分を大切に出来ないあなたへ!自己肯定感を高める3つのステップ

  こんにちは。   心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日はちょっと 楽しそうな写真にしてみました。笑     今 …

「その願いは本当?」試されるあなたの意志と、本当の願いの叶え方。

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     最近こういう事が良く起きます。   「◯◯絶対叶えてやる!」   と何か願 …

ネガティブでも大丈夫!言葉のパワーで夢を叶える方法。

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日はネガティブさんでも 絶対夢を叶える。 言葉のパワーを使って 潜在意識を書き換える方法を書 …

夢を叶える為の「思考との向き合い方」

  こんにちは。 松岡あやのです。     久々の更新になってしまい 話はとびとびですが、   今日は 「願いを叶える」ための 思考との付き合い方について 書い …

私が心理カウンセラーになろうと思ったきっかけ①幼少期編

  こんにちは。 心理セラピスト・カウンセラーの 松岡あやのです。     今日は私が なぜ心理カウンセラーに なろうと思ったのか? その事について 書いていこうと思いま …
0

カート